逆指値注文とは指定したレートで注文する方法ですが、方向が指値注文とは逆です。

買いの時は、指定したレート以上になったら約定します。
売りの時は、指定したレート以下になったら約定します。

逆指値を使う例でわかりやすいのは、損切りをする時です。

買いポジションを持って入る状態で、「これ以下に下がったら、もう損切りしよう」という場合に逆指値注文をします。

また、別の例では、ポジションがない状態で「このレートを超えたら、しばらく上昇が続くだろうから買う」というときも逆指値注文です。

指値と逆指値は、慣れないと混乱しますが、間違うと自分の意思とは全く反対の結果になってしまうので注意しましょう。
指値は、注文したレートから反発する事を想定した注文です。逆指値は、注文したレートを突き抜けていく事を想定した注文です。