指値注文とは、指定したレートで注文する方法です。

買いと売りで、指定したレート以上になった時か以下になった時かが異なります。

買い:指定したレート以下になったら約定。自分が希望するレートまで安くなったら約定します。
売り:指定したレート以上になったら約定。自分が希望するレートまで高くなったら約定します。

つまり、自分が望むレートになったら約定するので、感覚的にもわかりやすいですね。

似た言葉で、逆指値注文があるので、特に初心者は気をつけましょう。