ビットコイン(bitcoin)はコンピュータ上にある通貨です。
よく、このような写真をみますが、ビットコインそのものは有形のコインや紙幣としては存在していません。

bitcoin

仮想通貨、暗号通貨と呼ばれますが、電子マネーとは何が違うのでしょうか?

できるだけ簡単にビットコインを理解しよう

ビットコインを深く理解するためにはブロックチェーンという技術を知る必要がありますが、ここではその背景にある考え方や概要から、できるだけ簡単にビットコインを理解しましょう。

そのためには、馴染みのある従来の通貨である「円」や「Suica」などの電子マネーと比較するとわかりやすいです

日本「円」とビットコインの比較

日本円は国が管理

日本円は日本の通貨として国が管理をしています。

例えば国の方針の下、日銀が日本円を発行しますね。
また、国が銀行をしっかりと監督することで、私たちが銀行にお金を預けてもそのお金が不正に減ることもなく、様々な支払いにも使えますね。

このように日本円は国が管理をしています。

ビットコインは管理主体がいない!?

しかしビットコインは、国のような管理主体がいません
管理者がいなければ、不正に発行したり、不正な取引をしたりできてしまいそうですよね。

どうやって管理しているのでしょうか?

実はビットコインは、ビットコインを使うみんながお互いを監視し合うことで管理しています。
簡単な例を理解するとわかります。

例1 ビットコインを使った支払

例えばAさんからBさんへの支払いをした時に、その支払いの情報はみんなに知らされみんなで承認します。
みんなで承認した後に、Aさんが不正に支払いをなかったことにしようとプログラムをいじっても、みんなから「それは間違ってるよ」と言われるので不正ができません

例2 ビットコインの発行

また、新たなビットコインの発行もできます。

上の例にあった「みんなの承認」ですが、これは自分のコンピュータを動かし続けなければできません。
普通は使わないコンピュータは電源を消しますよね。そもそも高いコンピュータも必要です。

ですのでわざわざ承認するような動機付けが必要です。

この動機付けとして、承認する人はビットコインを抽選で当てることができます。

当たったコインは、それまでは誰のものでもなかったものなので、これがビットコインの発行にあたります。

Suicaとビットコインの比較

Suicaは円と等価になるようにJR東日本が管理

Suicaもいろんなところでお金のように利用できるので、仮想通貨のように思えるかもしれません。しかしビットコインとはまるで違います。

Suicaは1,000円チャージしたら、1,000円分使えます。900円に減ったり1,100円に増えたりはしません。

SuicaはJR東日本が管理していて、1,000円を預けたらちゃんと1,000円の価値から変わらないようにしてくれています。
もし、JR東日本がSuicaを止めると言ったら、その価値は0円になるかもしれませんが、そこは利用者は信用してますし、さすがにJRもそう裏切りません。

ビットコインの価値は需要と供給で決まる

一方でビットコインの価値は需要と供給で決まります。そもそもビットコインが誕生した瞬間は価値がなかったはずですが、徐々にその価値が認められ欲しい人が増えたので価値が上がりました。

そういう意味では基本的にはFXの新通貨と同じように考えてよいと思いますが、国の通貨安定政策などもありませんし、値動きが激しいので、投機色の強い通貨と言えるでしょう。

ビットコインは今買いか?

長期的に見ると増加傾向にありますし、これからも価値が上がる可能性はあります。

価値が上がる理由と下がる理由の両面から見てみましょう。

価値が上がる理由

利用できるところが増え、利用者も増える

何と言ってもこれが一番大きいでしょう。
ビットコインは各国の通貨は関係ないので、利用できるサービスが増えれば、世界中で爆発的に利用者が増える可能性があります。
ようやく日本でも一般の人でも知ってる存在になりましたが、まだまだ潜在的な利用者は多いと思います。

価値が下がる理由

規制動向

今日本はビットコインに対してはウェルカムな規制になってますが、国によってはビットコインをよしとしない国もあります。
規制が厳しくなれば利用者は減りますよね。

ネガティブイメージ

ビットコインは匿名性が高いと言われています。匿名なので、何のためのお金がどこからどこに流れているのかわかりにくく、マネーロンダリングに使用される懸念があり、ネガティブイメージに繋がります。
それを防ぐために、ビットコインを売買できる取引所では、身分証明書や住所の確認をして本人確認を必要としているところも増えてきました。

処理スピードの限界

ちょっと思い出してみましょう。ビットコインはみんなで承認するという仕組みでした。そのためもあり、処理に時間がかかってしまいます。
例えば、今のクレジットカードのような決済量は処理できないとも言われています。
ちょっと難しい話ですが、処理量の問題を解決するために、新しいビットコインを作る(ハードフォークという)動きがあるのですが、一方で古いビットコインを支持する人もいて、分裂する可能性も否定できません。

まとめ

まとめるとビットコインは

  • 中央管理者がいない
  • ビットコインのやり取りはみんなで承認し合う
  • 承認してくれる人にはビットコインが当たる

という仕組みの上に成り立っている、新しい通貨です。
抽選で当たるビットコインを目的として、承認する人が一定量存在するので仕組みを維持できる、非常にうまい仕組みになってます。

様々な国が通貨として認める動きもあり、今後見逃せません。

bitcoinの売買をしたいなら、bitcoin以外にも多くの仮想通貨を扱えるcoincheckがおすすめです。